前へ
次へ

不動産の賃貸で表向きの費用と隠れた費用

不動産を賃貸するときは初期費用と毎月支払う費用があり、各物件情報にはそれぞれが書かれていることが多いです。
初期費用として敷金や礼金があり、毎月の費用には賃料と共益費があります。
予算を決めて賃貸の不動産を探すときにはできるだけ初期費用が少なくなるところ、賃料などが低くなるところなどを探すかもしれません。
最初は礼金がかかっていたけども交渉によってゼロにしてもらったり、賃料を少しだけ下げて契約するときもあるでしょう。
賃貸物件利用においてはまず表向きの費用の情報があり、それが高いか低いかを比較する必要があります。
実はそれ以外に隠れた費用があり、それらは契約の時になって初めて分かることもあります。
良くあるのが鍵の交換代や火災保険料、さらに退去時のクリーニング費用の項目を見つけるでしょう。
鍵の交換代は本来なら物件所有者が負担すべきでしょうが、なかなか言いにくいこともあります。
火災保険料は必ずしも大家の決めた保険会社で入る必要はなく、自分で安く加入しても構いません。

Page Top