前へ
次へ

不動産を賃貸と売却なら売却すべき

保有する不動産をただ持っていても収入を得るどころか、固定資産税を払うだけでお金が出ていくばかりです。
それで不動産を売却してしまうか、賃貸にして貸し出して家賃収入や地代収入を得るかすべきです。
ただ売却か賃貸かどちらを選んだ方が良いかわからない問題があります。
単純に売ってしまった場合、その後の値上がり益を得られないデメリットがあります。
値上がり益を得たいならば他人に貸し出して賃料を得ながら値上がりして売却するチャンスを待ちたいところです。
しかしここで大事なのは人に貸すと肝心な時に売却できなかったり、価値が下がって高く売れなくなる場合があります。
不動産を他人に貸す場合、賃貸契約をします。
契約期間は2年とか年数で契約しますから、タイミングよく売却するとしたら契約を破棄するか、契約を継続しながらの売却になります。
当然どちらも借りている側の同意が必要で、勝手にできません。
さらに借りたままだと価値が下がって安く売却になりますから、売却を考えているならば賃貸にしないで、そのまま売却をすることです。

Page Top